消防署の歴史と成り立ち「8代将軍吉宗と大岡越前が組織したのがはじまり!?」

消防の役割である「火消」の歴史は古く、江戸時代までにさかのぼります。当時は「武家火消」と「町火消」の二つに分かれ、「武家火消」は武家を火事から守る組織で、「町火消」は町屋を火事から守る組織でした。

武家火消には、定火消(じょうびけし)と大名火消(だいみょうびけし)の二つの消防組織があり、定火消は、江戸幕府が1650年(慶安3年)に旗本二人を任命し火事に対応できるよう役人と火消人足を定火消の屋敷に備えていました。

大名火消は1712年(正徳2年)に譜代大名で作られた消防隊で、主に城の周辺と武家屋敷を火事から守っていました。

町火消は、1718年(享保3年)に8代将軍徳川吉宗と南町奉行所大岡越前守忠相が、一般の町屋への火事対策として協議し編成。町火消は町人で作られ、主に鳶職などが中心で、町火消の費用は町人が持ち報酬もありませんでした。当時は1万人近くの火消が活躍し、その中には「いろは48組」や本所・深川の16組もいました。

その後、武家火消と町火消は明治維新により廃止され、町火消は、1872年(明治5年)に「消防組」へと改組。1881年(明治14年)に東京警視庁が警察・消防の事務を行なうことにより、消防組織の基盤ができました。

大正時代になると、東京、大阪の他に横浜市、名古屋市、京都市、神戸市にも公設消防署が設置され、昭和になると各都市に公設消防署が設置されてきました。また、消防組は水火災への対応だけでなく防空の任務も加えられ1939年(昭和14年)の「警防団令」により、消防組は「警防団」へと名を変えました。

戦後になると、戦時体制であった警防団は消防組として新たに再スタートすることになります。1948年(昭和23年)「消防組織法」により、市町村長が消防の組織管理をはじめ、これまでの警察管理から「地方自治体消防」移行。1963年(昭和38年)には救急体制の整備が始まりました。その後は消防体制の常備化が進むとともに、事務も組合方式や委託方式を利用し、市町村単位でまとまった消防体制を取る広域化も進められ、各地に消防署が設立されるようになります。

平成に起きた阪神淡路大震災では消防隊員、消防団だけでの対応が難しく、地域住民との協力が必要と言うことを学び、このことから、大規模災害へ対応できるよう全国的な広域応援の仕組みとして「緊急消防援助隊」が創設。2004年(平成16年)に消防組織法が改正され、消防庁が緊急消防援助隊に出動指示ができるようになりました。

今では、今後発生が予測される災害に備えながら消防防災の体制を整え、市町村の消防職員と消防団、住民、各種団体が連携して協力し合っています。

関連記事

  1. エントリーはこちら

  2. TATTAの設定と操作方法について

  3. 大会参加方法・「TATTA」のダウンロードについて

  4. 参加賞を順次発送しております!もうしばらくお待ちください。

  5. よくある質問について

  6. 交野オンラインマラソン抽選賞品をご紹介(10月13日時点)

  7. ☆御朱印集め×交野マラソン☆

  8. 参加賞について

  9. 抽選商品の当選者!!ついに発表!!

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。